スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押して駄目なら、ひいて見たら・・・・・。

小泉首相は、年頭の記者会見で、靖国問題に関し、

「外国政府が心の問題に介入し、それを外交問題にする姿勢は理解できない」と述べ、

中国、韓国への強硬姿勢を鮮明にしました。

僕は今まで、何もかもウヤムヤで、はっきりと言えなかった日本政府が、

ここまではっきりと、ものが言えた事は、喜ばしいことだと思うのですが、

残念ながら、遅すぎる感じがするのです。

小泉政権が発足して、5年になろうとしています。

その間、5回も靖国に参拝されています。

それも時を変え、日を変えて・・・・・。

「公約だから参拝するのだ。」と言われるのなら、8月15日のお盆に、

なぜ堂々と参拝しないのですか?

そして、日中、日韓関係が最悪の状態のこの時に、いまさら強硬発言をするのは、

如何なものかと思うのです。

この発言で、中国、韓国が歩み寄るとは考えられません。

同じ強硬発言をするなら、一回目の靖国参拝の後、するべきだったのです。

そして、その問題に関して、じっくりと話し合って欲しかったのです。

あなたの採った対決姿勢は全く効果なく、

残ったのは最悪な外交関係。

そしてアジア地域での孤立です。

中国外交筋では、「日本の対応次第で、これから何年間でも、首脳会談をしない、

と言う決断も出来る。」とけん制しているのです。

押しても駄目なら、ひいて見たらどうでしょう。

『柔よく剛を制す』と言います。

柔軟なもののほうが、かえって剛直なものを制することが出来ると言う、

中国のことわざがあります。

小泉さん、あなたの任期は9月までです。

もう時間がありません。

お互いにわだかまりを持たない状態を早くつくって、

次の政権にバトンタッチして下さい。

AUTHOR: ひなたぼっこ DATE: 01/06/2006 14:21:39 本当にそう思いますね。
「竹に雪折れ無し」と言いますが、その通りだと思います。
今ここで、亜細亜を敵に回して何の利益があるのでしょうか・
中国の安い人件費を利用して居る立場が、見えていないのでしょうか。
少しずつ物価が値上がりしております。
このまま孤立して終ったらどうするつもりなのでしょうか・・・
何もしないで,任期を終える胸算用でしょうか。

コメント

こんばんはー。
私はこれといって・・といった印象を受けました。
今までちょっと引いていて、いまだ改善されて無いから押してみたのかも。
しかし、そうなると中途半端に参拝した去年はミスでしたね。

本当に政治が分かってるのかどうか分かりませんが。

で、私事を混ぜるようですが、安い中国の方を多く雇われることにより
日本人のスペースがなくなっているような。リストラとかで。
とにかく私を雇ってほしかった・・。率直で的外れな感想。

こうめいさん、明けましておめでとうございます!
年末からコメント戴きながら、レスや記事がここまで遅れてしまい、申し訳ございませんでした(汗)
やぁっと今日、2006年になって初めて、新記事をアップしました♪

政治のことはわかりませんが・・・
私はどんな中途半端な行為をしたにせよ、小泉総理が今まで頑張ってやってきたことは凄いと思います
いろいろ、気の遠くなるよな抑圧がある中でよくぞここまで、と思います
だから・・・文句は申しません。申せません。
て、よくワケも解らぬまま言ってますが^^;

こんなやつですが、今年もどうぞよろしくお願いしますね^^

emichanさん
 おはよう~。
 はい、わかりました。
 今朝は、ブログに時間を取られすぎです~。

BFAさん
 おはよう~。
 確かに率直な思いですよね。
 それに、天下りも官僚が定年後も就職しなくても、
 BFAさんのような優秀な若い人を活用するべきだと思います。

asumiさん
 おはよう~。
 おばあさん、落ち着かれて少し安心ですね。
 あまり無理をされないようにして下さいね。
 こちらこそ、宜しくお願い致します。

綾香

PING:
IP:
BLOG NAME
足跡残しです^^私もブログ始めたので見てください^^

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。