スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『仰げば尊し』

高等学校の校長をされて、今は退職されている先輩が、

前に、「生徒から仰がれるような教師が居なくなり、卒業式でも、『仰げば尊し』も歌わ

れなくなった。」と言われていました。

ところが、昨日の地方紙中国新聞に「卒業式で歌いたい歌、聞きたい歌」のアンケ-ト

で、なんと第一位になっているじゃあないですか。

「甘酸っぱいものがこみ上げてくる」

「思い出があふれ出てくる」

などと、昔を懐かしむ人が多かったようです。

その反面、

「最近は聴くこともほとんどなくなった」

という声もあったようです。



『仰げば尊し』

仰げば 尊し わが師の恩

教えの庭にも はや いくとせ

おもえば いととし このとし月

いまこそ わかれめ いざさらば



互いに むつみし 日ごろの恩

わかるる後にも やよ わするな

身を立て 名をあげ やよはげめよ

いまこそ わかれめ いざさらば



朝ゆう なれにし まなびの窓

ほたるの ともし火 つむ白雪

わするる まぞなき ゆくとし月

いまこそ わかれめ いざさらば



こんな歌詞なんですよね。

やよ=感動詞で、やあ。おい。もしもし。
いと=大変。
とし=速い。
いまこそわかれめ=いまこそ別れよう
わするるまぞなき=わすれる間もない
なれにし=慣れ親しんだ

こんな意味だったんだ。

そう言えば、時代錯誤もはなはだしいとか、教師を崇めるとか言って反発する人もいるんだよね。

1884年、明治17年の「歌集」で発表されているんだって。

でも、いい歌だよなぁ。

僕は好きです。


AUTHOR: デュエット URL: http://www.doblog.com/weblog/myblog/30920 DATE: 02/27/2006 08:35:03 わたしはキリスト教系の学校だったので、歌ったことがないのです。
とにかくなんでもかんでも讃美歌で済ませる、というやりかたでしたから。
「かみともにいまして」というのがあるんですよね。
http://www.ylw.mmtr.or.jp/~johnkoji/hymn/405.html ←歌詞はこんなです。

コメント

季節がやって来ましたね。
懐かしく拝見致しました・・・あの頃は多感な年頃ですから三番の歌詞は涙と鼻水で歌えませんでした。

出来たら戻りたいこの良い時代のあの年頃に・・・

こんにちは。
私は大好きなんですよ。
なんだかこれを聞くと、胸がジーーーンとなります。
先生がどうとかは、本当に自分で思うことですから、それで歌わなくなったのは......うーん
去年の大学の卒業式には、ウルウルないて歌いました。
働きながらの四年間はやはり大変だったから......
励ましてくれた先生や友達の事。
色々思い出しながら......
感謝の気持を込めてうたいました。

こんにちわ♪
ほんとに 歌いませんね・・・。りんりんの 卒業式は Gacktさんが よかったんだけど・・(汗)
コブクロの桜だそ~です・・・・・。
『仰げば尊し』 とか そうだな~ moonも 卒業では 歌ったことないです(^^;)
いい歌なのに・・・・。

デュエットさん
 おはよう~
 賛美歌ですか。
 僕、まったく無知で、わからないんですが、
 とても厳粛な感じがしますよね。
 ありがとうございます。

マグりん
 おはよう~
 僕も、そう思います。
 絶対に自分で決めることですよね。

 元校長の先輩が言われるには、この歌で仰がれるような教師が居なくなったんだっ て・・・・・。
 僕も、この歌好きです。

木蓮さん
 おはよう~
 たしかに、「らしさ」がなくなっていますね。
 それと、仰がれるような先生も・・・・・。

ひなたぼっこさま
 おはようございます。
 この歌にそんな思い出が、おありなんですね。
 >出来たら戻りたいこの良い時代のあの年頃に・・・
 もしこの良き時代だったら・・・・・・。
 どんな生き方をしているんでしょう・・・・・・ね。

momoちゃん
 おはよう~
 そうか、momoちゃん、昨年卒業式をしたんだよね。
 頑張って卒業されたんで、とても思いが深いものがあったでしょう。
 お話を聞いてるだけで、ジ-ンときました。
 ありがとう。

ム~ンちゃん
 おはよう~
 そうか、ム~ンちゃんの時代には、もう歌われていなかったんですね。

 うん、うん。
 そりゃあぁ、もちろんコブクロより、Gacktさんですよね。(笑)

「仰げばとおとし」
いい曲ですよね~^^ 私も「蛍の光」よりこちらに一票♪

・・・先生など、あまり有難いとも思わずにずっと過ごした学生時代でしたが
大学受験、高校三年の時の担任が とても人情味があっていい先生だったんですね
受けた大学をことごとく落ちて、家族もみんな黙っちゃって暗くなってたときに、
先生から電話がかかってきたんです
「U、オマエこれからどうする?」
心配そうな声でした そん時、家族の前でも決して泣き顔を見せなかったのに
初めて涙がこぼれました 勿論自分の情けなさもありましたけど、嬉しかったです(^-^*
だから「あおげばとおとし」を聴くと、真っ先に高校の時のあの先生を思い出します^^

>この歌で仰がれるような教師が居なくなったんだっ て・
これはいろんな原因考えられますね。。。。親が強くなり過ぎてしまった。
管理職も恐がってしまってる。それでも自分はやります!って強い意志でやれる先生はほんと数えるほどしかいないんでしょうねー残念です。。。(>_<)

asumiさん
 おはよう~
 うわぁ~、良かったね、素敵な先生に出会えて。
 なんだか、最近は授業が終わると、さっさっと帰る先生が多いらしいですよ。
 親身になって子供に接する機会も持たないんだって。
 神聖な教師でなく、サラリ-マン教師なんだって。

マグりん
 おはよう~
 うん、まったくその通りですね。
 僕も、親が口を出しすぎだと思います。
 そして、教師は聖職なんだ、と自信を持って教育にあたるべきです。
 とは言っても、今の教育現場では、どうにもならない事が多いんでしょうね・・・・。
 志を持って、教師になったけれど・・・・・。
 と言う先生も多いと思います。

仰げばとーぉーとしー・・・
泣きました~~。
アノ頃が懐かしい~^^

naoちゃん
 おはよう~
 いい曲だよね。
 歌詞も、胸にジ-ンとくるものがあるよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。