スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『なにかが、オ・カ・シ・イ。』

『娘が疎ましかった』


『常に「死ね」という声が聞こえ、自分自身の将来を悲観した』




自分の娘を橋から川に突き落としたり、

有料道路に架かる陸橋から、突き落とす。

そんな記事が続けて新聞紙面に載っています。



殺害動機がなんだかオカシイ。

以前読んだ、養老孟司さんの、『超バカの壁』を思い出しました。


『今の日本社会には、明らかに問題がある。

どんな問題があるか。

私はものの考え方、見方だと思っている。

そこがなんだか、変なのである・・・・・。

フリ-タ-、ニ-ト、自分探し、心の傷、男と女、生きがいの喪失等等・・・』

AUTHOR: nao777 DATE: 07/19/2006 10:33:01 昔は、ワイドショーといえば芸能ニュースが多かったですが
今は悲惨なニュースばかり・・・
ネット社会になり、心の成長が違う方向に・・・
ココロが出来上がる前に、ネットを通してココロが育つ子供達・・・
これらばかりじゃないと思うけど、義理・人情と言う言葉を
日本人は日本人なんだから大切にとか思います。

コメント

naoちゃん
 おはよう~
 本当だ、本当だ。
 「ネット社会になり、心の成長が違う方向に・・・
 ココロが出来上がる前に、ネットを通してココロが育つ子供達・・・」
 そうなんだ。
 正しく、その通りですね。
 義理・人情も無くなってしまって・・・・・。
 なんとか、しなくては・・・・・・。



ム~ンちゃん
 おはよう~
 そうなんだよねぇ~
 親になる資格が無い、大人が多いんだよねぇ。
 そんな大人を親に持つ、子供は可哀相だよね。
 結婚してもいいけど、子供は生むな!って感じだよね。(怒)

pinoちゃん 
 おはよう~
 うん、確かに精神的な問題がありそうですよね。
 でも、「そこまでするか」って感じですね。
 自殺願望ですか・・・・。
 子供さんには罪が無いのに・・・・・。
 なんだか恐い感じです。

同性として恥ずかしくなります。
必死で生きてきた私達には理解出来ないのです。
生きたくても生きることが出来なかった時代。
我が子を必死で育てた戦中戦後の母親達。
戦争は嫌ですが・何処かで何かが狂ってきています。
嘆かわしい以前の問題のようですね。

こんにちは。
私は多分ネット社会の産物なのかもしれないですね。
ひなたぼっこ様のちょっと文をお借りしますが、
生きたくても生きることが出来なかった時代。が
生きたくなくとも生かされる時代。という感がします。
ただ、過剰に言い過ぎかつ、そう生きたくないと思う人も少ないですが。

多分時代背景が心を映し出すのでしょうね。
安全だけど安全という実感がない、争わないというけど、争う企業社会。
そんな問題に対して、自分が守りたいものがなくなっていっている。
・・・そんな社会だから。
それを更に深く、敏感な人が・・問題起こしたのかな?

ひなたぼっこ様
 おはようございます。
 本当に、信じられないような事件が多発していますね。
 戦後育ちの僕らも、結構悪いことをしていましたが、
 悪さが陰湿なような気がします。
 何かに必死になる事も必要な気がしています。
 どうすれば好いのでしょうか・・・・。

BFAさん
 おはよう~
 ネット社会の産物ですか。
 それは、確かに感じますね。
 お金儲けも一生懸命に働かなくても出来る・・・・。
 ひなたぼっこ様が“必死”に子育てをする・・・と言われていますが。
 生に対する、必死さ、一生懸命さ・・・・。
 それが、ゲ-ム感覚になってしまっています。
 なにか、オカシイ社会になっていますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。