スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『好かれ信頼されて畏(おそ)れられる』

おはようございます。先日、取引銀行の支店長が転勤の挨拶にこられました。この支店長、40歳過ぎと若く、なかなかのやり手支店長でした。今まで、この支店では、 1階が預金等の業務、2階が貸付等の業務と分かれていたのですが、 転勤してくるなり、効率が悪いと、2階の業務を、 1階に統合してしまいました。僕がどうして統合されたのですか?と聞くと、 「効率が悪いし、僕の目が行き届かないからです」と話されました。僕は、その言葉を聞いた時、この支店長は凄い、と思いました。僕はいつもリ-ダ-たるもの、部下に畏(おそ)れられないとダメだと思っています。勿論、部下から好かれて、信頼された上での話ですが・・・・。銀行の支店長は、支店を転々としますが、 転勤した支店に優秀な行員ばかりなら問題ないのですが、 出来の悪い行員が居ると、支店運営に支障をきたします。その出来の悪い行員を如何に上手く使いこなすかが、支店長の力量です。会社組織においては、上司は部下を選べないし、 部下も上司を選べません。(僕は元銀行員でした)そんな中で、支店の運営をしていくには、部下から好かれ、信頼されて、 そして畏れられる事が必要だと思っています。この銀行は、だいたい3年毎に支店長が変わりますが、 この支店長はしっかりと業績を伸ばして、栄転されました。好かれて信頼されて畏れられるって、難しいことですよね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。