スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「名刺」

おはようございます。

 サラリ-マンの武器である「名刺」。

 紙に会社や自分の名前などを書いたもの渡しますが、

 漢字では、名刺の「し」は紙でなく、刺の字を使ってあります。

 これはなぜかご存知ですか?


 じつは、「もともとは紙ではなかったからです」


 名刺の起源は2200年以上も昔の中国。

 前漢の初代皇帝・劉邦が使用したとされています。

 しかし当時はまだ紙が発明されていなくて、竹などの“木簡”が使われていました。


 竹の表面はつるつるして文字が書きにくいので、

 鋭利な刃物で表面を削ってから文字を書いたようで、

 それで「つきさす」「きずつける」を意味する「刺」を使ったのだそうです。


 だが、現在、中国では名刺という言葉は廃れ、

 西洋のネ-ムカ-ドが由来の“名片”という言葉に置き換わっているそうですよ。


 それにしても、日本人は世界有数の名刺好きですよね。

コメント

こうめいさん
おはようございます。

はい日本人は名刺と肩書きが好きみたいですね~

こうめいさん、こんばんは

そうそう、日本人風刺で名刺をすごい勢いで渡し合いしているのをTV番組で見たことがあります(笑)

息子の高校のPTA役員OB会に来られた方で
名刺に幾つも肩書を書いている方のを頂いたことがありますが
少年野球監督なんていうのまで書いてありました!(爆)

僕にとって名刺は捨てられない物のひとつです。
長いことやってると顧客や同業者、専門技術者との名刺交換だけでも相当になる。仕事が終わってしまえば何の役ににもたたないけど、きちんと整理すると意外と財産とも思える資料に見えるのです。
夜景を観ると灯りの一つ一つに生きる鼓動のようなものを感じる。名刺ファイルを開くと、それに似たようなものを感じる。
中には亡くなった人もいるし、辞めていった人も沢山いる。でも僕の名刺ファイルには昔と変わらないまま生きる人々の姿が見えてくる。

現実には何の役にもたたない紙です。プライドとか、しがらみと同じなのか?なかなか捨てられない。

紅葉 さん
 おはようございます。
 >日本人は名刺と肩書きが好きみたいですね~
 そうですね。
 特にビジネスマンには欠かせないですね。
 最近、あまり減らないなぁ-
 ありがとうございます。

Hulaさん
 おはようございます。
 >少年野球監督なんていうのまで書いてありました!
 そうなんだ。(笑)
 僕は、名刺の裏に、書ききれないぐらいの役職が書いてあるの貰ったことあります。
 ビックリしましたねぇ。
 いろんな人が居られますね。(笑顔)
 ありがとうございます。

筑紫平野 さん
 おはようございます。
 >きちんと整理すると意外と財産とも思える資料に見えるのです。
 ほんとうですね。(驚)
 いままで、名刺を財産だと思ったこと無かったです。(汗)
 まったく筑紫平野 さんの仰るとおりですね。
 >夜景を観ると灯りの一つ一つに生きる鼓動のようなものを感じる。
 >名刺ファイルを開くと、それに似たようなものを感じる。
 この言葉には感動しました。
 >中には亡くなった人もいるし、辞めていった人も沢山いる。
 >でも僕の名刺ファイルには昔と変わらないまま生きる人々の姿が見えてくる。
 そこに筑紫平野 さんの、歩んだ人生が凝縮されてるんですね。
 筑紫平野さんの、名刺に対する思いと、出来事が大量に含まれていて、真摯な思いが良くわかります。
 名刺を、こんなに感じさせられとこと初めてです。
 ありがとうございます。(笑顔)





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。