スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さまざまな壁」

おはようございます。

マツダ財団主催、

東大名誉教授で「バカの壁」の著者、養老孟司先生の講演会を聴きに行きました。


「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し」

これは徳川家康の言葉ですが、私は遠き道を行くどころか、

人生は崖登りだと思っています。


崖登りは苦しいけれど、一歩上がれば視界がそれだけ開ける。

しかし、一歩上がるのは大変です。

手を離したら千じんの谷底にまっ逆さまです。


人生とはそういうものだと思う。


谷底にまっ逆さまだけれど、それは離れている人から見ての状態で、

本人は、落ちて気持ちがいい。

それだけのことでしょう。


一歩、上がるのは大変です。

しかし、上がらないと見えない風景は必ずあります。

それを、見たいと思うか、思わないか。

其処には、どうしょうもない壁があります。


人生とはそういうものだと思う。


僕もまわりには、壁が一杯です。(汗)

コメント

こうめいさん、おはようございます
とても良いお話を聴かせていただきました。
同感です。
昨年からブログで色々こうめいさんのお話を伺っておりますので
失敗を恐れずに突き進んで来られたこうめいさんと
養老武孟司さんのお話が重なって、とても説得力がありました(笑顔)
ありがとうございます。

Hulaさん
 おはようございます。
 養老孟司先生のお話し、前に先生の本を読んでいたので、
 是非、お聴きしたかったのです。
 >失敗を恐れずに突き進んで来られたこうめいさんと。
 そうですね。
 あまりに失敗が多いので・・・
 恐れてたら、前に進めないですよね。
 でも、無謀なことは出来るだけしません。
 ありがとうございます。(笑顔)


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。