スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「政府専用機」

おはようございます。

首相が執務をとるのは首相官邸五階の執務室。

その首相が外国に飛ぶときは政府専用機が「空飛ぶ官邸」になるそうです。


政府専用機が導入されたのは1991年。

モデルはアメリカ大統領専用機「エア-フォ-スワン」です。



政府専用機が導入されるまでは、チャ-タ-して飛んでいました。

ニ機所有しており、機種はボ-イング747。

運航、整備などのすべては航空自衛隊が管理。

客室乗務員の女性も自衛隊員。

内部は首相専用のスイ-ト、首相執務室、会議室、医務室、調理室など。



導入してから十五年たったことで07年に63億円をかけて大改修されており、

とくに強化されているのが通信機能。

盗聴防止機能がついた衛星電話が備えられており、

首相は政府専用機から、瞬時に指示ができる。



使用できるのは首相、天皇陛下、日本国民救援などで、

閣僚は使用できない。


飛ぶときはいつも2機が同時に。

首相が乗る任務機と、随行機。

随行機は任務機に故障などのトラブルが発生したとき、任務機になるそうです。



カッコいいなぁ-

客室乗務員の女性も自衛隊員なんだ。

コメント

こうめいさん おはようございます。
専用機があるのは知っていましたが2機あって

同時に飛ぶなんで知りませんでした(ーー;)
航空自衛隊が管理してるんですね。

航空自衛隊・海上自衛隊の制服ってかっこいいですよね~

そんなのいりますか

こうめいさん おはようさんどす。
チャターすればいいんじゃないかと思うのですが、そんなわけにはいかないのでしょうかね。

抱え込んでいるだけで凄い税金が必要なんでしょうね。でも年にいったいどれだけ利用してるんでしょう。借りる方が安いと思いますが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

政府専用機は1970年代の米国との貿易摩擦を緩和させるため買い上げたものです。たぶん普通を通り過ぎた高額になってると思う。
この貿易摩擦が原因になり、米国の飛行機を買わせるために全国の過剰な空港建設が始まったと言われている。

以前から整備に携わる「JAL」は、ボ-イング747の廃止を決定したため整備機材や部品などは必要なくなるのですが、政府はJALが保有する747の整備機材や部品などを買い取る見通しになったため、2011年以降もJALが政府専用機の整備をするそうです。国内外の空港でも整備するため止むを得ないと思われます。

女性自衛隊員である客室乗務員の訓練もJALが受託しています。尚、国内外における機内食の企画、調製、調達などはJALの系列会社である「ティエフケー」が行っているそうです。
これは、「ほか弁」でもいいよなぁ。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

紅葉さん
 おはようございます。
 >同時に飛ぶなんで知りませんでした(ーー
 僕もなんです。
 ビックリしました。
 マスコミや国民から、ボロクソに言われても、
 首相って重要人物なんですね。
 チャターではダメなんですかね?
 ありがとうございます。(笑顔)

塾長 さん
 おはようございます。
 >チャターすればいいんじゃないかと思うのですが・・・
 僕もそう思うのですが、
 一国の主ですから・・・
 あれだけ、マスコミや国民から、ボロクソに言われてるのに、
 やはし、国の重要人物なのですかね。
 飛ぶときはいつも2機が同時、と言うのもビックリです。
 ありがとうございます。(笑顔)

筑紫平野 さん
 おはようございます。
 >米国との貿易摩擦を緩和させるため買い上げたものです。
 >たぶん普通を通り過ぎた高額になってると思う。
 >米国の飛行機を買わせるために全国の過剰な空港建設が始まったと言われている
 ウッソ-! 
 対アメリカ対策で・・・・・
 そんなことがあったのですか。
 これまた、信じられないです。
 やっぱり、チャターすれば、それで事足りたんですね。
 そしてJALは、政府専用機の整備をするために生かしておくのですね。
 もう、なんだか情けない話しばかりです。
 知らなかったなぁ-
 ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。