スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「禍根を残した尖閣問題発言」

おはようございます。

8日の産経新聞の中静論説委員長のお話です。



『日本と中国が領有権を争っている尖閣諸島』

こんな、おかしな表記を時折、みかける。


日本の固有の領土であることをわかっていたら、使えない表現だ。

ところが、あろうことか、日本の最高指導者が口にしたのである。



5月27日、全国知事会議で、鳩山由紀夫前首相は、

「(尖閣諸島の)帰属問題に関しては、日本と中国の当事者同士でしっかりと議論して、

結論を見いだしてもらいたいということだと理解している」と語った。


これは「解決すべき領有権の問題はそもそも存在しない」とする政府見解を覆すだけでなく、

尖閣諸島が日本の領土であることを否定した極めて重大な問題発言である。



岡田克也外相はさすがに翌28日、

「尖閣に領土問題はない。議論の余地はない」と修正したうえで、

「誤解を招くなら、正確な表現をどこかの段階で行う」と述べた。


だが、鳩山氏は尖閣諸島に言及することなく、

6月4日の総辞職を迎えた。

首相発言として残ってしまったのである。



この意味は小さくない。

1992年、尖閣諸島を自国領土とする領海法を制定した中国は、

さぞやにんまりしているであろう。




鳩山氏の発言は、思いつきのたぐいというより、

普段考えていることがにじみ出たのだろう。


しかし、これほど国益を損なう首相発言はない。

国家観がなく、主権意識に欠ける指導者を選ぶことがいかに禍根を残すか。


我々国民は、しっかりと考えないと、大変なことになる。

コメント

おはようございます。

こんなことを言うと怒られるかもしれませんが・・・
鳩山前総理は賢いのが馬鹿なのか・・・あるいはアホなのか・・・

わたしのように頭に浮かんだことをそのまま口に出してしまうんでしょうね~

普天間問題も服案があるとおつしゃっていたが何もなかったんですものね。

沖縄の方々のこころをかき乱したまま辞めた・・・
女房役の官房長官も力不足でしたね~

こうめいさん、こんばんは
今夜も遅くなってしまいました
今夜は御挨拶だけで失礼させていただきますね
では、また明日。

紅葉 さん
 おはようございます。
 >鳩山前総理は賢いのが馬鹿なのか・・・あるいはアホなのか・・・
 本当に僕もそう思います。
 なんだか、普通の人では無いですよね。
 そんな人が、総理になって、
 我が国の国益を損なったことが、とても残念です。
 菅さんで、回復できるかなぁ-
 頑張って欲しいですよね。
 ありがとうございます。

Hulaさん
 おはようございます。
 今日は、まだお邪魔してないのですが、
 Hulaさん、とてもお忙しそうですね。
 体調も万全でないのに、大変なイベントにも参加されて・・・・
 どうぞ、お体、お気をつけください。
 あと、お邪魔しますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。