スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「印籠」

おはようございます。

「この紋所が目に入らぬか!」と、

毎回同じような場面で登場するものといえば、水戸黄門様の印籠。


この印籠が初めて登場したのは、

黄門様の時代より二百年も前の室町時代のころからだそうです。


元々は印判や印肉を入れていたものでした。

それを戦場に向かう武士たちが、

応急用の丸薬などを携帯するために用いるようになって、

薬籠とも呼ばれたこの印籠を腰に下げることができたのは、

位が上の者に限られていたそうです。


3段から5段の重ね箱になった印籠の内部は、

塗り重ねた漆の層で耐水性、防腐性などの機能性をもち、

胃腸薬や強心剤などの丸薬を守ったそうです。(月刊誌・ひととき)


母が、テレビの「水戸黄門」が大好きで、

僕もたまに一緒に見ることがあるのですが、

黄門様の丸薬、良く効きますよねぇ。


どこで売ってるんかなぁ-

コメント

私も、黄門様大好きで、よく見ます。
毎回同じようなのですが、時間がない時には
この、最後の「静まれ~、静まれ~!」から先を見ただけで
ああ、間にあって良かった!と思うくらいです(笑)

これって、位の高い人だけが持っていたんですね。

黄門さまの丸薬、ホントによく効きますよね(笑顔)

Hulaさん
 おはようございます。
 Hulaさんも黄門様、大好きなんですか。
 僕も、今まで見ることもなかったのですが、
 再放送が夕方に、ほぼ毎日あるんで、
 母と一緒に、最近時々見ます。
 結末は、だいたい読めるんですが・・・
 なんだか涙が出ることもあります。
 >これって、位の高い人だけが持っていたんですね。
 そうらしいですね。
 僕も知らなかったのですが、
 誰でも持てなかったのですね。
 それにしても黄門さまの丸薬、凄いですよね。(笑) 
 ありがとうございます。

こんばんはー。
私も、黄門様は好きでよく見ます。
肛門様って、大体、毎回同じ時間くらいに
同じような場面でお話が進むので、
途中から見ても話のスジが判りやすいですよね。
しかも一話完結というのが良い。
これで、次回をお楽しみに、とか言われたら
ジリジリしてしまいそうです(苦笑)

黄門さまの丸薬・・・ホントによく効きますよね。
私もひとつ、いただきたいものです。

梢華 さん
 おはようございます。
 >肛門様って・・・・
 違いますよ!
 乞うもん様です。
 いつも、庶民がひざまずいてますよね。
 何か下さいって・・・・
 違った!
 すみません。(汗)
 そうですよね。
 一話完結というのが良いのですが、
 見てるのが、再放送なので、時々役者が代わるので、
 母は、この黄門様より、あの黄門様が良いとか言ってます。
 それにしても長寿番組ですよね。
 ありがとうございます。(笑顔)

フィクションです。

印籠って、たぶん今までに見たことは無いと思うけど、ストラップをいっぱい付けた、おねーちゃんなら見たことある。

水戸黄門はあんまり良い印象がないんです。
①美食家で贅沢三昧してたらしい。
②副大統領や副総理はあっても、副将軍は存在しない。
③たぶん旅はしてないと思う。
④水戸城下を見て回ったらしいけど、数回だけ800mくらい先にある〇〇問屋に僅かな家来を連れて行ったとか・・・。
⑤いくつかの書物を書き残した。日本史の本を書きたいがために多くの家臣を全国に送り資料収集を命じた。
⑥この資料収集をしたことによって歴史的に価値のある資料が行方不明となり、現在など過去への損失になってるとか・・・。
⑦そんな背景から全国を見て回った印象が出来たらしい・・・。

僕も子供の頃はテレビで水戸黄門を楽しく観てたけど、初めは印籠を出したりはしなかったようです。
むかし読んだ何かの本に悪代官なんて殆ど居なかったと書いてあったけど、今現在の行政を見ると奉行所も代官所も今と変わらない程度に悪人は居たんじゃないだろうかと思う。
されど、260年も続いた徳川幕府だから案外平和だったのかも・・・。侍の多くは貧乏だったし倹約を常としてたらしいから・・・。

将軍が庭に出ようとするときに、ゾウリ係りは顔を上げないで駆け寄るけど、間に合わないから放り投げるそうです。将軍は転がってるゾウリを自分で拾って履くのが日常だとか・・・。
もしも文句を言ったら、その度にゾウリ係りは切腹しなければならないから我慢するしかないのだ。他にも食事係りも同じだから出された物は文句を言わず黙って食べる。
・・・案外、将軍様は切ない一生やったのかなぁ。

筑紫平野 さん
 おはようございます。
 水戸黄門に関する資料、全て初めて聞くことばかりです。
 読まして戴いて、驚くことがいっぱいです。
 美食家で贅沢三昧、
 副将軍は存在しない、
 家臣を全国に送り資料収集を命じた、
 歴史的に価値のある資料が行方不明となり、現在など過去への損失になっている、
 >そんな背景から全国を見て回った印象が出来たらしい・・・。
 そう言われれば、確かに納得できます。
 >今現在の行政を見ると奉行所も代官所も今と変わらない程度に悪人は居たんじゃないだろうかと思う。
 これも、納得できます。(笑・怒)
 >間に合わないから放り投げる、
 >そして、出された物は文句を言わず黙って食べる。
 これって本当ですか?
 なんだか信じられないです。
 それが真実ならば、筑紫平野 さん仰るように、
 将軍様は切ない一生だったのかもしれませんね。
 珍しい情報、本当にありがとうございます。(笑顔)



話し半分

全ては今調べたのではなく、20年以上前に読んだ誰だか忘れてしまった人の本を思い出しながら書きました。
美食家で贅沢三昧の後にエピソードとして、日本で最初にラーメンを食べたのは水戸黄門(徳川光圀)と書いてありました。今、検索したら、そのことは本当のようです。
数回だけ800mくらい先にある〇〇問屋に僅かな家来を連れて行った。とは城下町で何か買い物をするために出かけたと記憶してます。これはたぶん司馬遼太郎だったような・・・。
そのときは僕も驚きでいっぱいでしたから覚えてたのだと思います。

徳川家康の孫だから、竹下登の孫のDAIGOみたいなもんでしょ。・・・かなり違うかな?

ピッチャーも、手ごわいバッターに対しては
in low を出して 終わりにするのでしょうか?(^_^;)

筑紫平野 さん
 おはようございます。
 >日本で最初にラーメンを食べたのは水戸黄門(徳川光圀)と書いてありました。
 >今、検索したら、そのことは本当のようです。
 エッ!ラーメン、その頃からあったのですか。
 僕は、ラ-メンは最近、中国から入ったのだと思っていました。
 >数回だけ800mくらい先にある〇〇問屋に僅かな家来を連れて行った。
 うん、この話しは納得できます。
 >徳川家康の孫だから、竹下登の孫のDAIGOみたいなもんでしょ。・・・
 >かなり違うかな?
 ハイ!
 かなり違うと思います。(笑)
 でも、水戸黄門から、DAIGOまで描かれる 筑紫平野 の
 頭の構造には驚きと言うか、感心させられます。
 凄いです。
 本当にありがとうございます。(笑顔)

 

kanchan さん
 おはようございます。
 >ピッチャーも、手ごわいバッターに対しては
 >in low を出して 終わりにするのでしょうか?
 ハイ!
 時には位牌(in high)を出して、トドメをさします。(汗)
 ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。