スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「呪い」

おはようございます。

エジプト考古最高評議会がこのほど、

ツタンカ-メンの死因がマラリアなどの病気による複合的なものであることを発表しました。

骨に異常があって歩行するのも困難だったのではという調査結果もあるそうです。


調査結果はミイラのDNA鑑定やCTスキャンによる解析で分かったそうですが、

3000年以上前の人間の死因を特定出来るのだから、科学の発達には驚きますね。


ツタンカ-メンには「ツタンカ-メンの呪い」という言い伝えがあり、

王の墓の入り口に

「偉大なるファラオ(王)の墓にふれた者に、死はその素早き翼をもって飛びかかるであろう」

と碑文が刻まれてあったそうです。


評議会の調査したメンバ-に呪いが降りかかる事は無いのかなぁ-(汗)


コメント

こわいですねえ~
調査に参加なさった方々の今後のご無事を祈ります。

アンクルン さん
 おはようございます。
 ツタンカ-メンの墓、1922年に発見されて、
 1930年までに、発掘に関わった人22人が死亡、
 生き残った人は、わずか1人だけだったそうです。
 でも、これも実際には発掘とは関係無い人達で、
 ホラ話だと言われてます。
 それにしても、呪いだなんて・・・
 怖いですよね。

こんばんは
私も、呪いで多くの方が亡くなったと聞いておりましたが
そうですか、関係ない方だったのですね。
お岩さんのお芝居を演じる方も、
お祓いや、お参りをすると伺っていますが、呪い、怖いですね。

サイバー大学の吉村作治総長も、エジプトでお墓を掘っていますが元気ですね!
これは、総長をしている大学のサイババに守られているのでしょうか?(^_^;)

呪いの話はよく聞きますね。どこまで本当かは眉唾ですが。

ツタンカーメンはエジプトの博物館でみて、本当に口がぽかーん開いたままになってしまいそうなくらい感動しました。
呪われてもいいから見つけたい!と思う人の気持ちも少し分かる気がしましたが、静かに眠らせてあげたいという気持ちもありますね。

Hulaさん
 おはようございます。
 そうですね。
 呪い、怖いですね。
 でもね、台湾で、墓の発掘ばかりしてる先生に聞いた話ですが、
 多くの白骨を回収したけど、まったくそんな事は関係なかったそうです。
 伝説が大きくなってるそうですよ。(笑顔)

kanchan さん
 おはようございます。
 >サイババに守られているのでしょうか?
 うん、そうかも。(笑)
 でも、吉村作治総長のサイバー大学は、ソフトバンクの関係でしたよね。
 インドのサイババ様、まだお元気ですかねぇ。(笑顔)
 ありがとうございます。

まりちゃん
 おはよう~
 うわぁ-、エジプトにも行かれたことあるんですか。
 そこで、ツタンカーメンを見られたのですか。
 いいなぁ-
 エジプト、いつかは行ってみたい国です。
 うん、確かに静かに眠らせてあげたいという気持ち、
 ありますね。
 盗掘だけは許せないです。
 ありがとう~

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。