スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地震・雷・火事・親父」

おはようございます。

「地震・雷・火事・親父」の「親父」とは、

もともとは違った意味だったとされています。


その意味とは?

一、洪水

二、強風

三、日照り

四、大雪

五、隕石



怖いものを並べた「地震・雷・火事・親父」。


しかしよく考えると「親父」だけ浮いている気がしませんか?

実はこの「親父」も元は災害のことだったとされています。


その災害とは「強風」のこと。

本来は親父ではなく、「大やまじ」と呼ばれる強い風だったという説があります。

この言葉が使われているうちに、語呂のいい「親父」へ変わっていったそうです。



しかし、親父の威厳が低下している昨今。

また「親父」に代わる新しい言葉が使われるのもそう遠くない?

親父より怖い・・・

そうです。

「おかん」


「地震・雷・火事・おかん」(笑)


ということで、正解は(二)でした。

コメント

 “おかん” は 小うるさいだけですから大丈夫だと思います。

うちでは、なぜかつれあいに
 「はいはい、お母さんが1番です!」 っておだてながら軽くあしらわれてます。

うちのおかんは、鼻息の荒い強風です。

まあ!そうなんですか!知りませんでした。
親父に代わって、おかん?
私はいたって、奥ゆかしい、大人しいおかんですよ・・・
なぁ~んて、うっそお~!
あれっ?こんな、ほらを吹くなんてー。
やっぱり、この、おかんも恐怖ーですね。

ぷりんちゃん
 おはようございます。
 >小うるさいだけですから大丈夫。
 そうですか、怖くはないけど、うるさい。
 「はいはい、お母さんが1番です!」 
 これ、僕も時々使います。(笑顔)

アンクルン さん
 おはようございます。
 >うちのおかんは、鼻息の荒い強風です。
 爆笑!
 なんだか怖そうだなぁ-(笑顔)

Hulaさん
 おはようございます。
 >私はいたって、奥ゆかしい、大人しいおかんですよ・・・
 うん、僕もそう思いますよ。
 たまに嵐も・・・・
 は、なさそうですね。(笑顔)

いえいえ、台風になることも!
そんな時、夫は
父のために付けた手摺にしがみついて
嵐がやむのを、堪えているようです(汗;

@duoです

「地震、雷、火事、親父」の親父にはそう言う意味があったのですね。ひとつ賢くなりました。
おかん・・・怖いですよねぇ。少なくとも私は・・・。
誰かさんが言っているような、口うるさいだけではありません。
私も誰かさんのダンナ様のように、ただ、ただ、耐えておりまする。(笑)
お邪魔しました。

Hulaさん
 おはようございます。
 >手摺にしがみついて 嵐がやむのを、堪えているようです。
 それは決して有り得ない事です。
 本当に素晴らしいご夫婦だと推察しています。
 見習わなくっちゃ!
 ありがとうございます。(笑顔)

duoさん
 おはようございます。
 >私も誰かさんのダンナ様のように、ただ、ただ、耐えておりまする。
 これも、決して有り得ない事です。
 duoさんご夫婦も、いつも仲良く素敵なご夫婦だと思っています。
 見習わなくっちゃ!
 ありがとうございます。(笑顔)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。