スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『華族制度』

おはようございます。

日刊ゲンダイの「読めない漢字、知らない常識」です。


明治維新後に制定された「華族制度」のうち、

最も高い位とされたのは?

一、公爵

二、伯爵

三、子爵

四、侯爵

五、男爵


「独身貴族」という言葉がありますが、

既婚者にとって、気ままな独身生活は少し懐かしいものです。

貴族なんて身分は現代では現実的ではありませんが、

かって日本にも貴族ならぬ「華族」という身分がありました。

華族は、元皇族、公家、大名、明治維新時の勲功者から構成されていました。


しかし昭和22年(1947年)、貴族制度の禁止と法の下の平等を定める日本国憲法の施行とともに、

華族制度は廃止され、日本における貴族身分は終焉を迎えました。

ただし例外として、皇族は保全されました。


「華族制度」は五等爵で、公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵の順に位が高いとされていました。

ということで、正解は、一の公爵です。

辞書で調べたら、華族=貴族、だって。


知らなかったなぁ-

これって、常識?

みんな知ってるんかなぁ-(汗)


コメント

@duoです

こうめいさん、おはようございます。
華族の位の上下は知りませんでした。
私が小学生の頃には、まだ家の門扉に「華族の家」という、小さな標章のついている家がありました。
制度の廃止後、最後の抵抗だったのでしょうか?(笑)
その昔、我が家は「士族」でしたが、これも戸籍謄本の中から消えてしまいました。
差別の問題を考えるといろいろな意見があるようですね・・・。
ありがとうございました。

ベルバラ

v-16
順番をピッタリと当てました。(^^)
え~っと、
教科書は、昭和のカリスマ少女漫画『ベルサイユのばら』で~す!!!

日本史の勉強で一所懸命覚えましたね、序列。

よく考えると入試以外何の役にも立たないw

こんばんわ
序列までは、はっきりわかりませんでしたねー
それに華族=貴族だということも。
あまり親しみの無い世界ですものね
まあ、男爵くらいなら、男爵芋で親しみありますが・・・(汗)

duoさん
 おはようございます。
 >その昔、我が家は「士族」でした・・・
 duoさん、武士の末裔ですか。
 世が世ならば・・・
 ですね。
 僕の母方には、刀や裃や家系図などが色々と沢山ありました。
 子供の頃、その刀をもって遊んでいました。
 戸籍などは、まったく分かりませんが、
 伯父から、武士の末裔だとは聞いていましたが・・・
 父方は、百姓です。
 いまは、まったく関係ないですね。(笑)
 ありがとうございます。

 

まりみ さん
 おはようございます。
 >順番をピッタリと当てました。
 うわぁ-
 凄いですね。
 『ベルサイユのばら』、内容はまったく知らないのですが、
 「華族制度」のことが、出ているんですね。
 僕は、公爵と男爵しか知らなかったです。
 順番なんて・・・・
 とてもとても・・・(汗)
 本当に凄いです。

けいにゃ さん
 おはようございます。
 序列。
 >日本史の勉強で一所懸命覚えましたね。
 そうなんですか。
 そんな事、勉強したのかなぁ-
 よく覚えてないなぁ-
 僕は、おそらく寝てたのだと思いますが・・・
 けいにゃ さん、今でも覚えて居られるのですか。
 凄いなぁ-(笑顔)

Hulaさん
 おはようございます。
 そうですよね。
 まったく親しみの無い世界です。
 僕は、公爵と男爵しか知らなかったです。
 >まあ、男爵くらいなら、男爵芋で親しみありますが・・・ 
 爆笑!
 ありがとうございます。(笑顔)

28年くらい前だろうか、名神高速で小牧ICから京都ICまでヒッチハイクの3人組を乗せた。仏国の高校生で卒業旅行のようでした。
旅行パンフレットは自分たちで作ったA4の紙1枚に手書きで粗末なものです。中には、「仏国語」「英語」「日本語」でスケジュールらしきことが書いてある。でも外人の現役学生のくせに、"字が下手やなぁ”と思った。
日本は安全な国で、人々は皆親切だからヒッチハイクでも大丈夫だと聞いたそうです。結局、僕は英語も仏国語も日本語も苦手で話せなかったので、パンフレットに書いてあった宿まで乗せて行った。
宿の近くまで行くと、先に到着したらしい同級生がいた。色々とお礼の誘いもあったけど、それは断って最後は握手して別れた。
品の良い一人の青年は「ミッシェル」と名乗った。
近くで見ると、若いのは分かるけどデカイなぁと思う。デカイからきっと「貴族」だ。今思うと何の根拠も無いのに「貴族」だと思い込んでしまった。

こんなのと戦争して勝てる訳ないよなぁ。。。

筑紫平野さま

こんにちわ
いつも、こうめいさんのブログで、コメント読ませていただいております。
>ミッシェルは大きいから貴族だと思った
 ふきだしてしまいました!
 いつも、色々と、お勉強させていただくことばかりで、
 筑紫哲也さんと重ねて見ておりますが、
 こんな、面もお持ちなのですね。(笑顔)

筑紫平野 さん
 おはようございます。
 28年くらい前・・・
 そんな事があったのですか。
 >デカイからきっと「貴族」だ・・・
 そうなんですか。
 何の根拠も無いのに「貴族」だと思い・・・
 僕も、外人さんを見るたびに、こんな人達と戦争をしたものだ・・・  と思います。
 30年近く前のこと、よく覚えておられますね。
 ミッシェルさん、今はどうされていますかねぇ。(笑顔)
 

Hulaさん
 おはようございます。
 筑紫平野 さん 、凄いお方です。
 見識が高く、いつもいっぱいの考えや情報を教えて戴いてます。
 本当に、勉強になってます。(笑顔)

 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。