スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『また国民負担が増えるんですかねぇ。』

おはようございます。

いよいよ、衆議院本会議、始まりましたね。


名前は「静か」でも、連日、テレビ等を賑やかしている亀井金融相。

中小企業の融資の返済を3年程度猶予するという、

例の「モラトリアム」。

だいたいの骨子が固まったようです。


なんと、猶予した利子や元本には保証協会の保障が付き、

最終的には銀行に損失をかけないそうです。


あれほど、反対していた銀行も、ホットしているようですが、

これって、最終的には税金で、国民負担ではないですか。


僕は思うんですが、銀行からお金を借りる場合、

借手は、自分の返済能力を考えて、

貸手も、相手の収益、担保等を考えて、

金額、期間など、融資が成立しますよね。

それが、不況などで、当初の計画どおり行かなくなったときは、

事業の縮小や、追加融資などを考えて対処します。

それを、国が負担するとなると・・・

将来は財政負担になって、税金の国民負担が増します。


確かに「モラトリアム」で、企業の倒産は減ると思いますが、

借手も、貸手も、損害に無関心になり、

それこそ、モラルハザ-ド(倫理観の喪失)の低下を招くのではないでしょうか。


過去に返済猶予を認めたのは、昭和初期の金融恐慌の時、3週間だけだそうです。

郵政民営化反対で、自民党を除名処分なり、

久々に表舞台に出た、静香さん、

「目立ちたがり屋のパフォ-マンス」といった批判も出てるようですが・・・

コメント

これが改革なのか???と思ってしまいます。

@duoです

こうめいさん、おはようございます。
世の中、なにか間違っているように思います。
大企業は大企業で、税金で利息どころか借金をチャラにしてもらったり、今回は保証協会が中小企業の尻ぬぐいをする・・・。
零細企業はその前に、しっかり担保を取られ、担保がなければ融資も受けられず、こんな恩恵を受ける事はありません。
不公平というよりも、借りたお金を返せない時には、大企業であれ、中小企業であれ、例え倒産件数が増えても仕方がないのではないかと思うのですが・・・。
凡人の私にはこのへんの仕組みがわかりません。

こんにちわ

なかなか、秋空のように澄んだ空気が流れませんね
中小企業を守る事も必要だとは思うのですが、確かに不公平感もありますよね。
そしてその財源が結果的に我々弱者からの税金取立てになる・・・
零細企業も我々サラリーマンも、”待ってください”も”やめてください”も言えない中、それら、貸し手も借り手も無関心のまま安易に税金で守られる?

猶予期間を設ければ、本当に、返せるのでしょうか?
さらに膨らんでしまいそうですが。



どうも国は、国民を貯金箱とでも思っているようで
お金が必要になったときには、貯金箱を壊して
こっそり使い込んでいるようですね。どうどうとかな!

ぷりんちゃん
 おはようございます。
 そうですよね。
 僕は、借金を返すのは、経済取引の基本だと思います。
 どうも、オカシイです。
 ありがとうございます。

duoさん
 まったく同感です。
 どうみても、オカシイですよね。
 >借りたお金を返せない時には、
 大企業であれ、中小企業であれ、例え倒産件数が増えても仕方がない・・・
 僕もそう思います。
 借金を返すのは、経済取引の基本ですよね。
 何を考えているんだろう-(怒)
 ありがとうございます。

Hulaさん
 おはようございます。
 このところ、朝晩が寒くなりましたね。
 新しい政権だから、しかたないけど
 政治の世界も、なかなか上手く進みませんね。
 僕は、この「モラトリアム」、チョット、オカシイと思います。
 猶予期間を設ける事は、政府始動でなく、
 借手と金融機関で考える事だと思います。
 それに、借金を返すのは、経済取引の基本です。
 どうも、オカシイんですよね。
 ありがとう~


 

kanchan さん
 おはようございます
 >どうも国は、国民を「貯金箱」とでも思っているようで ・・・ 
 本当だ。
 まったくkanchan さんの仰る通りですね。
 その「貯金箱」、幾ら使っても、空にならないと思って居るんですかねぇ。
 腹が立つなぁ- 
 ありがとうございます。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。