スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『僕的に八ツ場ダム』

おはようございます。


八ツ場ダム、どうしても「やんば」と読めないんです。


一説によれば、獲物を追い込み、矢を射た場所である「矢場(やば)」の読み方が変化して、

「やんば」になったとか・・・・


まあ、それは別として、前原大臣、孤軍奮闘してますね。

でも、まず中止ありきは、ちょっと如何なものかと思いますが、

僕は中止には賛成です。


だって、利根川水系にはすでに11のダムがあり、

八ツ場ダムの当初の目的である、治水や利水の効果は殆んどないそうです。


それに、官僚が「7割の工事はすんでいる」と言うのは、

事業予算に対する「進捗率」で、単に予算の7割を使っただけ。

あと1380億円でダムが完成するというのも大ウソで、

将来にわたる利息等を計算に入れると8800億円という公金が費やされる、

途方もない規模になるそうです。(保阪展人前衆院議員)



それに、ダムの関連事業では、官僚の天下りを受け入れてる公益法人と企業とで、

随意契約により、殆んどの事業を受注してるそうで、

この57年間は、官僚の為に事業を行ってきたようです。



そうでないと、本当に必要であれば、もっと早く完成させるはずです。


そんな事を思うと、僕的には八ツ場ダムは建設中止です。


ただ、すでに代替地などに移り住んでる人たちの心情を考えると、

こんなに長い事、放ってきた自民党と官僚に対して、怒りを覚えます。


日本の政治って、こんなに腐敗してたんですよね。

情けないです。

コメント

えへへっ!

+(*_*)+ こんにちはぁ ♪~
私も読めませんでした。
矢場が変じたのは何とか理解出来ましたが。。。
だったら表記も『八ん場』にして欲しかったなぁ。
かなり長い間別のダムのことかと思ってました。 (^_^;)v

こんにちはー。
私も「やんば」と読めませんでした。
そして今も気を抜くと「やつば」と読んでしまいます。

政治家と官僚にとっては、工事をすることで天下り先の
確保と仕事を生み出すことが大事なんであって、
完成させることは大事じゃないんでしょうね。
どこまで腐ったりんごなんだろう、と思います。

こんにちわ
私も読めませんでした
今でも、ヤンバと発声していても、目はヤツバと読んでいますね。

8800億円ですかあ。ふー!

代替地の住人の心情を考えると確かに複雑ですが、いままで無くても足りているものならば、その為のこれからの工費は無駄だと思います。
官僚の為の事業・・・やめてほしいです。
中止反対派の方達はそれでも、反対なのですね。

不愉快っ。

自然に手を加えたら、ひずみが出るのは当然です。
あんな巨大なダムにはムリがあります。

亀の動きも不愉快です。あんたを選んだつもりはないっ。
私の長~い人生の経験から、日本郵政の新社長、斎藤某はかなりの「悪相」です。
税金は有効に使ってくれなきゃ、払う気力が失せます。

まぁ50年以上やってる事業だから、きっとろくな仕事じゃないと思う。

①着手するまではデタラメなデータ収集によって予算取りの情報戦が始まり、誤った結論を急ぐ。
②地方の多くの雇用は土木か農業であるため、地元への利権を理由に事業の継続を主張する。
③新しいダム建設の予定が無いので、通称で言う「技官」(技術官僚)の既得権益などで事業が長期化する。
④事業工程や予算レベルで中止できない時期が来ると大幅な予算変更を行い既得権益を護る。
⑤以前の水資源開発公団、現在の水資源機構などの天下り先となる外郭団体を保有する。

八ツ場ダムは約70%が完了してるらしいが、現時点の予算の割合であり、事業の70%が完了してる訳ではない。だから今後も事業費の拡大が考えられる。

九州も国交省の事業である熊本の「川辺川ダム」など何十年になるだろうか?。そして、福岡県の事業である「五ケ山ダム」が問題視されてる。

国交省の外郭団体は、高速道路の「道路公団」、新幹線の「鉄建公団」、住宅建設の「住都公団」、そして、人の命を確保する水資源開発公団があり、省略して「水公」と言う。戦後の復興に必要だった多くの「公団」も現在では、ほぼ役割を終えた。
全部が終わるとは思わないけど、いい加減に縮小の方向に進みたいですね。

あろま姫様
 おはようございます。
 そうですよね。
 僕もどうして表記も『八ん場』にしないのか、不思議に思ってます。
 57年間も・・・・・
 よくも此処まで時間をかけたものだと・・・
 信じられないです。
 官僚って、全く目線が違うんですね。
 あろま姫様を見習うべきです。(怒)

梢華 さん
 おはようございます。
 >完成させることは大事じゃないんでしょうね。
 そうです、そうです。
 完成させると自分たちの行き場が減るから・・・
 全く目線が国民に向いてないんですね。
 >どこまで腐ったりんごなんだろう。
 ジャムにも出来ない。(怒)

Hulaさん
 おはようございます。
 八ツ場、読めないですよね。
 他にも、狩りを行う場所に、落とし穴が8個あったため、
 「8つの穴場」と言うのが変化したとも・・・
 いずれにせよ、官僚の為の事業になってますよね。
 中止反対派の方達、それは長い間の確執があり、
 何を今更・・・と言う気持ちもありますよね。
 難しい問題ですね。
 
 

emarch さん
 おはようございます。
 ダム工事って、凄いですね。
 あれだけの化け物の様な工事ですから・・・
 お金もかかりますよね。
 それだからこそ、土建業者と官僚にとって、魅力あるお仕事なんですよね。
 うん、亀さん、なんであんな人を・・・・
 情けないなぁ- 鳩山さん!

筑紫平野さん
 おはようございます。
 >「技官」(技術官僚)の既得権益などで事業が長期化する・・
 既得権益と言うのが在るんですか。
 知らなかったなぁ-
 57年間も時間をかけるなんて、信じられないけど、
 やっぱり、官僚の為の事業なんですよね。
 「公団」も沢山ありますね。
 やはり戦後の復興期には必要だったのですかねぇ。
 多くの「公団」が今ほぼ役割を終えた、のであれば・・・ 
 はやく廃止して欲しいですね。(そう簡単にはいかない・・・・)
 いろいろと情報、ありがとうございます。(笑顔)

>やはり戦後の復興期には必要だったのですかねぇ。

ダム事業だと黒部ダムとかは有名だから沢山の国民が完成を待ちわびたと聞いてます。

戦災によって住宅不足は当然でしたが、電気、水道、ガスも大打撃をうけて昭和25年以降に炊事場の改善も始まる。
昔の炊事場は住宅の隅っこの狭いスペースに「かまど」や「コンクリートの流し」がある光が差さない暗く冷たいイメージでした。

住都公団の担当者は、自分の奥さんが冬の炊事場で寒さに震えながら片足を上げて調理をする姿を見る。炊事場をもっと住宅の中心となる明るいところに計画できないかと考えたそうです。
そこで昭和31年に生まれたのが「ダイニングキッチン」でした。
多分、「サンウェーブ」だったと思うのですが、当時は中小企業の若手に流し台の開発協力をお願いした。そして「プレス工法」によって低価格の「ステンレス流し台」が完成する。
これを置くことで台所と食卓が同じスペースにある明るい配置となった。和製英語の「ダイニングキッチン」はこうして生まれた。
現在でも安いアパートの台所に見られる「プリント合板」と「ステンレス」で出来た流し台がそれである。

それと今では当たり前にある「アルミサッシ」も住都公団が始まりである。それは更に日本中を巻き込んだ。そして休む間もなく住宅計画の新しい課題として、最近市場に出てきた洗濯機の置き場所に悩みはじめる・・・。

公団が必要だった頃もあったようです。・・・でも当時は、僕もまだ生まれていません。

筑紫平野 さん
 おはようございます。
 >昔の炊事場は住宅の隅っこの狭いスペースに「かまど」や「コ ンクリートの流し」がある光が差さない暗く冷たいイメージでした。・・・・
 戦後の昭和25年以降に炊事場の改善が始まる。


 >自分の奥さんが冬の炊事場で寒さに震えながら片足を上げて調理をする姿を見る・・・・
 炊事場をもっと住宅の中心となる明るいところに計画できないかと考え、昭和31年に生まれたのが「ダイニングキッチン」。


 >「アルミサッシ」も住都公団が始まりである。


 >休む間もなく住宅計画の新しい課題に取り組む・・・・


そうなんだ。
具体的に書いていただくと、
とても良く分かります。

僕も戦後生まれですが、かまどでご飯を炊いてました。

公団って、戦後日本の復旧に凄い仕事をしてるんですね。


本当にありがとうございます。(笑顔)

地元の人の事を考えたら悩みますが、
57年も掛けてまだ出来上がらないダムは要らないって事ですよ。
本当に必要な物は何はさておき大急ぎで作りますから、
のらりくらりしてるのは不要って事。
それにどこのダムだったか試験的に水を貯めたら漏れて使えないダムがあるそうですから。
無理して不要なダムは今までの政権で必要だっただけでしょうね。
地元の人は本当に振舞わされてるだけです。
他にも沢山あると思いますね。
政権は時々変わらないといけません。

@duoです

地元の人たちの永年の心情を考えると、中止は大変失礼な話ですよね。
でも、治水利水の必要性が無くなった今、これを完成させる意味はありません。
完成させれば、この維持費はすべて税金での負担となり、国が続く限り国民の負担も続きます。
ただ単に残り30%の建造費用だけでは済まないのです。

問題を2つに切り離して考えるべきです。
地元の人たちに対しては、この中止に見合う保障を出来る限り厚くして、納得して貰って穏便に収めてもらうのが一番かと・・・。

ぷりんちゃん
 おはようございます。
 そうですよね。
 すでに代替地などに移り住んでる人たちのこと、
 考えると、なんだか腹が立って・・・・・
 どうして、こんなに時間をかけるのかと・・・・
 しっかりと保障をしてあげて、即刻中止するべきだと思います。
 そう言えば、水の貯まらないダム・・・・・
 聞いたことあります。
 情けない話ですよね。(怒)
 ありがとうございます。

duoさん
 おはようございます。
 まったく、同感です。
 >まず、地元の人たちに対して、
 この中止に見合う保障を出来る限り厚くして、納得して貰って穏便に収めてもらうのが一番・・・
 昨日、前原国交相が、石原知事らと会談して、
 利水・治水を再検証して、必要であれば、代替案を提示すると、
 表明してます。
 そうですよね、べつにダムにこだわる必要は無いんですよね。
 はやく解決して欲しいですね。
 ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。