スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アリとキリギリス」

おはようございます。


『夏の間、アリたちは冬の間の食料をためるために働き続け、

キリギリスは歌を歌って遊び、働かない。


やがて冬が来て、キリギリスは食べ物を探すが見つからず、アリたちに頼んで、

食べ物を分けてもらおうとするが、

「夏には歌っていたんだから、冬には踊ったらどうだ」と断られ、キリギリスは餓死する。』



これは、イソップ童話の一つですね。


この話、もともとの話しでは夏の間遊んでいたのはキリギリスではなく、

違う虫だったそうですが、

その虫とは?


一、カマキリ

二、セミ

三、チョウ

四、テントウムシ

五、カブトムシ


元は、違う虫だったのですが、

その虫はヨ-ロッパ北部ではあまりなじみが無い昆虫のため、

ギリシアからアルプス以北に伝えられる翻訳過程で改編されて、

日本では、「アリとキリギリス」で広まったそうです。



実は、その虫はセミでした。

確かにセミの方が、夏の間だけ楽しんでその後は・・・・・

という感じがしますよね。


ということで、元は「アリとセミ」という童話だったそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。