スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本人は貧しい。しかし高貴だ。世界でただ一つ、どうしても生き残って欲しい民族だ。』

『日本人は貧しい。しかし高貴だ。世界でただ一つ、どうしても生き残って欲しい民族を

あげるとしたら、それは日本人だ。』

これは、大正末期から昭和の初めにかけて駐日フランス大使を務めた詩人の

ポ-ル・クロ-デルが、昭和十八年にパリで話した言葉だと、数学者、藤原正彦が、

著書『国家の品格』のなかで書いています。

先日、中学時代の恩師A先生を囲んで新年会をしました。

A先生には、物の見方・考え方等あらゆる面で大変な影響を受けました。

その先生から、「良い本だから読んでみろ」と言われたもので・・・・。

感動しました。

日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に

踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。

「論理」と「合理性」頼みの「改革」では、社会の荒廃を食い止めることはできない。

いま日本に必要なのは、

「論理よりも情緒」

「英語よりも国語」

「民主主義よりも武士道精神」であり、

『国家の品格』を取り戻すことである。

この本は、昨年の十一月に出版されたものですが、

その時に既に、「法に触れないなら何をやってもいい」と、財力にまかせてメディア買収

を試みた人がいますが、日本人の過半数が彼を喝采しているのを見て、

何とも絶望的な気分に襲われました。

とも書いています。

『日本人に誇りをもって、世界に範を垂れることが、日本の果たしうる、

人類への世界史的貢献と思う。』とも書かれています。





続きを読む »

スポンサーサイト
プロフィール

こうめいぶる

Author:こうめいぶる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。